• アスリート
  • 抗酸化作用
  • 安全性
  • 日常生活
  • 血管との関係
  • その他

「NO(一酸化窒素)」関連FAQ一覧

  • アルギニンとは
    アルギニンとは 
    タンパク質を構成するアミノ酸の一種で、塩基性アミノ酸です。アルギニンは、脳の下垂体という場所に作用して成長ホルモン分泌を促進します。このため、アルギニンは組織中のタンパク質合成を促します。


  • NO(一酸化窒素)の産生を助ける効果的な摂取方法は?
    NO(一酸化窒素)の産生を助ける効果的な摂取方法は? 
    NO(一酸化窒素)はL-アルギニンとL-シトルリンと呼ばれるアミノ酸によって産生されていますが、NOには抗酸化作用があるため、体内に活性酸素が多いとその無害化のために消費され、本来の能力が発揮されなくなってしまいます。



  • NOって排気ガスじゃないの?
    NOって排気ガスじゃないの? 
    一酸化窒素(NO)は排気ガスに含まれる物質のひとつです。しかし実は、私たちは日々血管の中で微量のNOを産生しています。



  • シトルリンは運動に有効ですか?
    シトルリンは運動に有効ですか? 
    アミノ酸は筋肉の材料になったり、エネルギー産生を促すことから、運動に良いことは有名です。とくに米国では、シトルリンが血管をしなやかにして血流を促すことから、「NO Booster」(NOブースター)と呼ばれて注目されています。



  • シトルリンを摂取しないとどうなるの?
    シトルリンを摂取しないとどうなるの? 
    シトルリンは体内で作ることができるので、積極的に摂取しなくても体に悪影響は生じません。 しかし、血管をひろげる一酸化窒素(NO)を作り出す重要な機能をもっています。 NOはストレスや疲労、生活習慣病などに伴い必要となるので、健康な身体を維持するために摂取をお勧めします。